2009年5月22日(金) 「チャンピオン」

5月13日(水)の夜、私の店の駐車場に見知らぬ車が止まりました。
閉店直後だったのですが、遠くからいらしたのならもう一度店を開けようと考えていると、
きちっとした背広姿の人とスポーティな服装で人懐こそうな人が車から降りてきました。

 

山「どうされました?」

と声を掛けると、背広姿の人が

 

?「車を止めてしまいすみません。少しの間よろしいでしょうか。」

と丁寧な言葉。

 

山「いえいえ、もう閉店の時間ですからいいですよ。」

と答えながら、もう一人のスポーツマン風の人をみると、

 

ウーン、

山「それはそのベルトはひょっとしたらチャンピオンベルト?」

キ「ええ、そうです!」

 

その時うちのカミさんが

カ「アッ、今日新聞に載っていたキクノさんでは?」

キ「はい,キクノです。」

 

山「ということは、そのベルトは本物ですよネ。はじめて見ました。」

キ「どうぞ、持ってもいいですよ。」

山「え!~え!持ってもいいんですか!?」

 

というわけで,チャンピオンベルトを持たしてもらい、とってもいい経験をさせてもらいました。

 

ちなみに、
チャンピオンとマネージャーらしい人は,隣のお好み焼きののんちゃんへ挨拶に行くところだったようです。
キクノさん,のんちゃんありがとう。ベルトはいい重さでした。

 

2009/5/23

茶輪子の

ツイッター

フェイスブック

インスタグラム

はこちら↓ 

 

Twitter

facebook

Instagram

つぶやき