2013年1月17日(木)2013年モデル マドン5シリーズ

これからロードの購入を考えている方はこのモデルの

試乗をしてから購入する自転車を決めてください。

 

このモデルはチェーンステーにブレーキを取り付けた最初のロードモデルです。

ドマーネシリーズとともにトレック社が今年度リリースしたニューモデルとなります。

 

競技用自転車にかかわって45年になります。

しかし今回のニューモデルのように今までのものと明らかに違うというのは、

私が見たところ、過去に一回しかありません。

 

最初は、私にとって18年ほど前、

トレック社のOCLVフレーム 同じ年キャノンデール社のCAD3フレーム

 

カーボンフレームはトレック社がアルミフレームはキャノンデール社がそれ以後の業界をリードしていたのは間違いありません。

しかし、ここ数年その差はかなり小さくなってきたと私は感じていました。

そして2013年、トレック社のニューモデルドマーネとモデルチェンジしたマドン5シリーズ以上のモデルは、

私にとって2回目の革命


マドンは素材にあったジオメトリーやブレーキの位置に、ドマーネはサスペンションとジオメトリー、

おそらく2014年モデルは他社も同じようなモデルを投入してくることでしょう。

この2モデルともすごいのですが、おすすめはマドン5以上のモデル!


明らかに軽く走れます。

踏み出しの軽いモデルは普通高速域からの加速はにぶいものでがこのモデルは違います。

すごい、高速域からの加速もよく伸びます、オールラウンドに使えます。

 

5シリーズはこの走りでこの価格、費用対効果は間違いなくNO1です!

 

2013/1/17

茶輪子の

ツイッター

フェイスブック

インスタグラム

はこちら↓ 

 

Twitter

facebook

Instagram

つぶやき