私とサンツアー

サンツアーの河合淳三さんが6月に亡くなられました。

カンパが世界No,1と言われていた頃、大学生だった私にはカンパは高嶺の花だったので、私はサンツアーのFディレィラー・Rディレィラーを愛用していました。

それなりに満足していました、あるとき先輩のお下がりでカンパヌーボレコードのリアディレィラーをいただき幸せいっぱいでこれを装着し、翌日に150kmロードトレーニング、しかしその夜には元のサンツアーに取り換える作業をしている私がありました。

 私の独断ですが、当時のサンツアーのリアメカは世界No1のリアディレィラーであったと思っています。その後カンパのFメカもお下がりがあったのですがこんなものどうでもいいんだけどと思いながら装着、しかしその後このFメカは私の愛車に付けたままとなりました。

私の短いレース経験の中でサンツアーのリアディレィラーは日本初の世界No1パーツ1号ではないかと思っています。

その後のシュパーブグループなどで日本のレースシーンに強烈な印象を与えた前田工業、その前田工業を率いていた河合淳三さんが亡くなられました。

 

さみしいかぎりです。

2013年12月5日(木)HSR 6時間耐久レース

12月1日 熊本のHSRで6時間耐久レースが行われました。

今年3月から始まったトレーニングの会、そこから生まれたマグレーブを主体とする2チームとソロ1名の計12名が参加しました。ソロの戸澤君は落車をしてしまい途中棄権となりましたがこれも実力のうち。トップグループを走っていただけに本人も残念だったでしょう。しかもレース後に予定があるため行き帰りともレースと同じソロ帰り。その名は落ち武者。

約8か月のトレーニングで主力参加者の全員が何らかの形で表彰台に登ることが出来ました。今年は年間で15名が表彰台。上出来です。トレーニングの基礎部分でこれだけの結果が出来ました。頑張った成果です。おめでとうございます。

来シーズンは初心者の方への今年とほぼ同じメニューを、今年参加された方へは次のステップへのメニューという

、2タイプのトレーニングを行います。

サイクリングの方には自転車の基本的な乗り方について教えます。2~3回参加していただければ大事な事を教えられますので是非参加されてください。

なおHSR当日のレースレポートは参加した野下選手が土日にアップします。

HSR九州6時間耐久リザルト.
HSR九州6時間耐久リザルト.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.4 MB

2013/12/5

茶輪子の

ツイッター

フェイスブック

インスタグラム

はこちら↓ 

 

Twitter

facebook

Instagram

つぶやき